Blog【前編】世界基準の優れた外壁「Sto」についてご紹介!

HOME > ブログ > 【前編】世界基準の優れた外壁「Sto」についてご紹介!
2020-06-17

 

 

 

家のイメージや見た目を大きく左右するのが外壁。パッと目に飛び込んでくるものなので、その家の個性を決定づけるものと言っても過言ではありません。

 

外壁にはさまざまな種類がありますが、ツクリエの注文住宅で採用しているのが、ドイツに本社をかまえ、世界60ヵ国以上で使われている世界シェアNo.1の塗り壁材「Sto(シュトー)」。

 

1835年にドイツのヴァイツェンにて、石灰セメントを製造する工場として創業し、1955年に塗り壁仕上げ材でもある樹脂プラスターを開発した会社が「Sto SECo.KGaA」です。1964年に世界初の複合断熱システム(湿式外断熱工法)を開発し、その後、業界のトップに君臨し続けています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Stoの仕上げ材は、水性のアクリル樹脂が含まれたドイツの漆喰。透湿性があって耐候性が高い素材と言えます。施工面では、材料の品質が安定していて扱いやすいのも特長。とはいえ、壁を塗るのは職人技が必要です。ツクリエでは腕の確かな熟練の職人が素材のよさを引き出し、一軒、一軒、丁寧な仕事で外壁を仕上げています。

 

Stoについて、前編はここまで。

後編では、Stoの具体的な良さを解説します。お楽しみに!

 

ツクリエへのお問い合わせは、お電話、ホームページのお問い合わせフォームのほか、Lineアカウントでも承っております。資料請求もお気軽にどうぞ!

 

 

\follow me!/

ツクリエの手がけたお家の写真がずらりと並ぶ!

Instagram https://www.instagram.com/tocreie/

 

\LINE@はじめました!/

ツクリエとお友達になりませんか?

イベント情報などが配信されるほか、資料請求もカンタン!

メッセージのやり取りもできます!

■お友達ID検索[@tocreie]

 

 

tel.0996-41-3688
受付時間 9:00~17:00