Blogメリットがいっぱい! 「スキップフロアのある暮らし」

HOME > ブログ > メリットがいっぱい! 「スキップフロアのある暮らし」
2020-06-30

 

こんにちは。薩摩川内市の工務店・ツクリエです。

梅雨の晴れ間の空は、もうすっかり夏の色をしていますが、今年は雨量も多く「こんなに降って大丈夫かな?」と思う日も少なくありません。みなさまのお住いの地域はいかがですか。

 

 

さて、今回は、ツクリエのお客さまとのお打ち合わせでもよく話題になる、「スキップフロア」についてご紹介します!

 

 

「スキップフロア」とは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワンフロアの中に複数の高さのフロアがある間取りのこと。お部屋や区画によって床の高さが高くなったり、天井の高さが変わったりする間取りのことをスキップフロアと言います。別の言い方では、「小上がり」とも呼ばれます。

 

 

使える床面積が増えたり、床部分が高くなったことでそこが収納スペースになったり、一般的な間取りが横の空間を活用するのに対して、縦の空間を有効に使える点がスキップフロアの大きなメリットです。

 

また、スキップフロアの間取りを採用すると、空間がアクティブになり、高低差を利用して家のアクセントになるような空間を演出することが可能。実用的かつ遊び心のある間取りになるのも、人気の秘訣です。実際にツクリエが手がけたスキップフロアのあるお家・K様邸は、書斎と和室の二カ所が高くなっていますが、書斎は秘密基地のようなワクワク感のあるスペースになっています。一方、和室はリビングダイニングとつながっていながら、ひとつの独立した空間のような落ち着いた雰囲気が魅力です。

 

 

 

 

 

 

 

(畳の下はもちろん、収納。ちょっとしたときに和室の隅にサッと腰かけられるのもいいんです!)

 

スキップフロアの書斎スペースは、3段の階段をあがると外側に向けては、掘りごたつのように直に座れるスペースがあり、造りつけのテーブルもベストな高さに設置されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに、反対の部屋の内側に向けては、イスを置いて座るのにちょうどいい高さに造りつけのデスクが。気分によって床に座ったり、イスに座ったりして読書や書きもの、パソコン作業ができる空間に仕上がっています。壁が低めになっているので圧迫感がなく、リビングにいる家族を感じながら書斎スペースで過ごすことができるのも◎

 

スキップフロアは空間の有効活用だけでなく、“暮らしに彩りと変化を与えてくれる特別な場所”と言っても過言ではありません。「スキップフロアのある暮らし」、いかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

follow me!/

ツクリエが手がけたお家の写真がずらりと並ぶ!

■Instagram https://www.instagram.com/tocreie/

 

LINE@はじめました!/

 

 

 

ツクリエとお友達になりませんか?

イベント情報などが配信されるほか、資料請求もカンタン!

お友達ID検索[@tocreie

 

 

tel.0996-41-3688
受付時間 9:00~17:00