Blogさまざまなキッチンのタイプについて

HOME > ブログ > さまざまなキッチンのタイプについて
2021-04-26

こんにちは。薩摩川内市の工務店・ツクリエです。

 

家の間取りの三大要素と言えば、L=リビング、D=ダイニング、K=キッチン。なかでも、キッチンは家族のための料理をつくる大切な場所です。だからこそ、使い勝手もポイントに。そこで、今回はキッチンをテーマにお届けします!

 

ひとくちにキッチンと言っても、実はさまざまな種類のキッチンがあります。まずは代表的なキッチンのタイプ別に解説します。

 

 

○空間を無駄なく活用できる「壁付けキッチン」

壁に向かって料理をするタイプのキッチン。壁付けキッチン、背面キッチンと呼ばれることもあります。最大のメリットは、デッドスペースができにくく空間を無駄なく活用できる点です。黙々と調理をしたい人には向いているキッチンと言えます。

 

○家族の様子を見渡せる「対面キッチン」

キッチンに立ったときにダイニングやリビングが見渡せるつくりになっているのが、対面キッチンです。料理をしながら家族の様子が見られたり、テレビを見ながら調理したりすることもできます。冷蔵庫や食器棚などが背面に配置されるため、料理中に必要なものをクルッと振り向いて取り出すことができるので移動距離も少なくて済みます。

 

○開放的な空間を演出する「アイランドキッチン」

対面キッチンのひとつで、島=アイランドが語源になったキッチン。調理スペースやシンクなどが島のように独立しているのが特長です。メリットはずばり開放感。キッチンからダイニング、リビングまで視野が広がるので、家族とのコミュニケーションも図りやすのがポイントです。ただし、アイランドキッチンは広いスペースが必要になるため、広さに余裕があるおうちにおすすめです。

 

○作業動線が短くなる「II型キッチン」

シンクとコンロのキャビネットが並列しているキッチンを、II型キッチンと言います。(セパレート型キッチンと呼ばれる場合も)。特徴としては、シンクとコンロの移動がほぼないので、作業動線が短く、かつ作業スペースが広くとれて、収納力もあるところ。作業スペースが広いと、家族と一緒に調理を楽しめるのがいいですね。

 

○調理の作業効率がアップする「L型キッチン」

L型キッチンは、壁付けにも対面にも対応できるので、導入しやすいキッチンです。設計次第ではコンロとシンク、冷蔵庫の3つのワークトライアングルを短くして、作業効率をアップさせることが可能。ちなみに、ワークトライアングルは正三角形に近づくほど作業動線がよくなります。

 

 

5つの代表的なキッチンをご紹介しましたが、気になるタイプはありましたか?

では次に、ツクリエがお施主さまからいただくキッチンについてのご要望をご紹介します。

「キッチンから家族の様子を見渡せるつくりにしたい」

「キッチン内の移動をできるだけ少なくしたい」

「油はねや匂いがなるべく気にならないつくりにしたい」

「配膳が楽にできるつくりにしたい」など。

確かに、それぞれのライフスタイルによる部分もありますが、どれも外せないポイントですね。

 

 

 

ツクリエでは、お客さまのご要望をていねいにヒアリングし、豊富な経験と知識でさまざまな条件をクリアして、かぎりなく理想に近いキッチンを叶えます。詳しくは、ツクリエまでお気軽にお問い合わせください。

 

 

tel.0996-41-3688
受付時間 9:00~17:00