Blog【お悩みの方必見】エコジョーズとエコキュートの違い

HOME > ブログ > 【お悩みの方必見】エコジョーズとエコキュートの違い
2022-12-19

皆さんはエコジョーズとエコキュートについてご存じでしょうか。

それぞれの名前を聞いたことがあっても、どのような違いがあるのか知らないという方は多いでしょう。

そこで今回は、エコジョーズとエコキュートの違いについて解説します。

ぜひ最後までご覧ください。

 

エコジョーズとエコキュートの違いとは?

 

エコジョーズとエコキュートにはいくつかの違いがあります。

ここでは、その違いを2つ紹介します。

 

 

1つ目は、給湯の仕組みです。

エコジョーズはガスを使用しており、排気熱を活用して水を温め、少量のガス消費で効率的にお湯を作れます。

それに対して、エコキュートは電気を使用しており、作ったお湯をタンクに貯めておけます。
深夜電力を使用するので、光熱費を抑えることができます。
ただし、時間帯別の電灯プランに契約することが前提条件になります。

 

 

2つ目は、特徴についてです。

エコジョーズは「瞬間湯沸かし式」で、必要なときに必要な分のお湯を使えるため、お湯が無駄になりません。

お風呂・洗面所・キッチンなど、複数の場所で同時に使用できる特徴があります。

 

その一方で、エコキュートはお湯をタンクに貯めておくため、災害時に非常用として使用できる特徴があります。

 

3つ目は、設置スペースです。

エコジョーズの給湯器本体はエアコンの室外機の半分くらいの大きさなので設置するスペースに困ることはありません。

エコキュートはお湯を溜めておくタンクとエアコンの室外機とほぼ同じ形のヒートポンプ(空気の熱を使って水を温める機器)が必要になるのでエコジョーズと比べるとどうしても場所を取ってしまいます。

 

4つ目は、コストです。

エコジョーズは、本体価格と設置費用合わせて約20~50万です。

エコキュートの場合は、約35~60万ほどで、初期費用はエコジョーズの方が安いですが、

年間コストの面でみると安い深夜電力を使用し、お湯をつくるエコキュートの方がお得になります。

(設置条件や機種によって初期費用は大きく変わるため、見積もりを取って比較するといいでしょう)

 

エコジョーズとエコキュートの注意点について

 

エコジョーズとエコキュートには、それぞれ注意すべき点があります。

それでは、どのようなことに注意すれば良いのでしょうか。

 

エコジョーズの注意点

エコジョーズの注意点は、酸性の排気ガスが発生することです。

燃焼時に酸性の排気ガスを放出し、これが金属製品やコンクリート壁などにあたると腐食や変色に繋がります。

 

そのため、どうしても金属製品やコンクリート壁にあたってしまう場合は、排気カバーやアダプターを使用して排気方向を変える必要があります。

また、ガスを燃やしてお湯を作るため、不完全燃焼する可能性があることに注意が必要です。

 

エコキュートの注意点

エコキュートの注意点は、寝室の近くに設置しないことです。

深夜に電気を利用してお湯を沸かすため、ヒートポンプが夜中に稼働します。

 

ヒートポンプの稼働する際は音が発生するため、寝室の近くに設置してしまうと、音が気になって睡眠の妨げになってしまう可能性があります。

そのため、寝室の近くには設置しないように注意すると良いでしょう。

 

またエコキュートはタンクに溜めているお湯を使いすぎるとお湯切れをする場合があります。

お湯切れすると、お湯が沸くまでに時間がかかり電気代もかかるのでお湯の使い過ぎには注意が必要です。

 

まとめ

 

エコジョーズはガスを使用しており、必要なときに必要な分のお湯を作れる特徴があります。

エコキュートは電気を使用しており、お湯をタンクに貯められるため、災害時に非常用の水として利用できる特徴があります。

それぞれの違いについて理解した上で、どちらを導入するか検討すると良いでしょう。

 


check!!

ツクリエが手がけたおうちを見てみる!!

☞施工事例はこちらから

 

follow me!

ツクリエが手がけたお家の写真がずらりと並ぶ!

☞Instagram

 

release!

ツクリエ公式アプリはじめました!

ツクリエの各種情報を気軽にチェック!

☞インストールはこちらから

 

 

tel.0996-41-3688
受付時間 9:00~17:00