Blogツクリエが解説する住宅ローン「変動金利」編

HOME > ブログ > ツクリエが解説する住宅ローン「変動金利」編
2020-07-09

 

こんにちは。薩摩川内市の工務店・ツクリエです。

家づくりにおいて、切っても切れないのが住宅ローン。金融用語って聞きなれなかったり、なんとなくわかるけれどしっかり把握できていなかったりする方も少なくありません。住宅ローンの金利タイプには大きくわけて「変動金利」と「固定金利」の二種類があります。そこで今回は、「変動金利」について説明します。

 

変動金利とは?

返済途中に定期的に金利の見直しがされるタイプのローンのこと。一般的には金利タイプの中では金利が一番低く設定されています。金利は多くは半年ごと(毎年4月1日と10月1日)に見直されて、金利が下がれば返済額が減り、金利が上がると返済額が増えます。ただし、半年ごとの見直しで返済額が変わるわけではなく、一般的には返済額の変更は5年ごと。また、金利の見直し後の返済額は前回の125%アップまでがルールになっています。

変動金利のメリット・デメリット

 

変動金利のメリットは、ずばり金利が低いところ。固定金利よりも変動金利のほうが金利が低く設定されていますので、この先、金利が上昇しなければ、ずっと低金利を享受できます。

 

一方、デメリットはというと、将来的に金利がアップするリスクがある点。金利が上昇するとそれにともない返済額も上昇し、返済が苦しくなる可能性もあります。

 

では、どんな方に変動金利タイプがおすすめかというと。。。

 

「資金に余裕がある方(いわゆる余裕資金がある方)」です。例えば、共働きで資金に余裕があり、金利の変化に対応できる家庭でしたら変動金利がいいでしょう。万一、金利が上昇するようなことがあっても返済額が変わる前に余裕資金で繰り上げ返済できれば、借用額を減らすことが可能になり、金利の上昇にも対応できるからです。もしくは、借用額が少ない家庭であれば、金利の上昇で受ける影響も少ないですね。

 

今回は「変動金利」についてご紹介しましたが、次回は「固定金利」を解説していきますので、お見逃しなく。

 

 

follow me!/

ツクリエが手がけたお家の写真がずらりと並ぶ!

■Instagram https://www.instagram.com/tocreie/

LINE@はじめました!/

ツクリエとお友達になりませんか?

イベント情報などが配信されるほか、資料請求もカンタン!

お友達ID検索[@tocreie

 

tel.0996-41-3688
受付時間 9:00~17:00