Blogツクリエが解説する住宅ローン「固定金利」編

HOME > ブログ > ツクリエが解説する住宅ローン「固定金利」編
2020-07-10

こんにちは。薩摩川内市の工務店・ツクリエです。

前回のブログでは住宅ローンの「変動金利」について解説しましたが、今回は「固定金利」をご紹介します。固定金利とはどのような金利タイプなのか、どのような人に向いているものなのか、家づくりの前に確認しておきましょう。

 

固定金利とは?

数年・数十年・もしくは全期間など、一定の期間において住宅ローンの金利が変わらない金利タイプ。定められた期間内は、市場金利がどのように変動しても金利が変わらず、毎月の返済額が一定です。

ただし、固定金利にも「固定金利期間選択型」と「全期間固定金利型」の二種類が存在します。それぞれについても解説しますね。

固定金利期間選択型タイプとは?

金利の見直しまでの年数が1~20年ほどの固定金利。期間満了後は、自動的に変動金利に変更される場合もあります。その際、あらためて固定金利を選びなおすことも可能。しかしながら、その時点での金利となるので、契約したときよりも金利が上昇している可能性があるため注意が必要です。

 

 

全期間固定金利型タイプとは?

住宅ローンの契約時から完済するときまで一定の金利で返済します。ずっと金利が変わらないので、見直しをするのが面倒という人や、一定の金額で返済を続けたいという人に向いている金利タイプです。

 

 

 

固定金利のメリット・デメリット

金利とは一般的に、【変動金利→固定金利期間選択型→全期間固定金利型】の順に高くなります。金利だけにフォーカスすると変動金利がお得に見えますが、固定金利は月々の返済金額が一定のため、返済計画が立てやすかったり、貯蓄が計画的にしやすかったり、先の見通しがつくのがメリットです。

 

デメリットとしては、固定金利期間選択型タイプは、期間が終了したら自動的に変動金利に変ってしまう場合があるという点。もちろん、金融機関によっては希望すればあらためて固定金利期間選択型を選択することも可能ですが、手数料が発生する場合もあります。事前に確認しておく必要がありますね。

 

また、全期間固定金利型タイプでしたら完済するまで金利の見直しの必要がありませんが、返済途中で市場金利が下がったり、変動金利や当初固定金利の金利が下がったりする可能性も否めません。

住宅ローンを組む前に、どのタイプがライフプランに最適か、よく考えてリサーチしておきたいものですね。次回のブログでは、「変動金利」と「固定金利」のふたつの金利タイプを徹底的に比較したいと思います。こうご期待!

 

\follow me!/

ツクリエが手がけたお家の写真がずらりと並ぶ!

■Instagram https://www.instagram.com/tocreie/

\LINE@はじめました!/

ツクリエとお友達になりませんか?

イベント情報などが配信されるほか、資料請求もカンタン!

■お友達ID検索[@tocreie]

 

 

tel.0996-41-3688
受付時間 9:00~17:00