Blog失敗しない玄関まわりの5つのポイント!

HOME > ブログ > 失敗しない玄関まわりの5つのポイント!
2021-03-29

こんにちは。薩摩川内市の工務店・ツクリエです。

 

今回のテーマは、お家の顔である「玄関」です。

玄関はお家の印象を大きく左右しますし、毎日使うから機能性もきちんとしたいところ。さらに、住い手の家族構成やライフスタイルによって、最適な玄関は一軒一軒異なるので、この記事では家づくりを始める際に気をつけたい玄関まわりのポイントについて解説していきます!

 

 

玄関の広さ、幅について

やはり広々とした玄関は魅力的ですよね。とくに横幅を広くとると靴を履いたり脱いだりするときに、ふたり以上同時に行うことも可能になり、渋滞が防げます。小さなお子さまがいらっしゃるご家庭では、座って靴を履くことも多いかと思いますので、機能面においても横幅が広いと使い勝手がよくなります。

 

 

 

雨の日でも安心の軒つき玄関

雨の日に玄関先で鍵を締めたり、傘を差したりする際に、しっかり軒の幅をとっておくと安心。雨に濡れるのは、やはり暮らしのなかでもプチストレスになります。

こちらはツクリエが手がけたU様邸の玄関。切妻屋根に玄関屋根の切妻を重ねていて、とても印象的ですよね。「出入りするときに雨に濡れない玄関にしたい」というお施主さまのご要望から当社代表がデザインのご提案をし、それを採用していただきました。

 

 

 

F様邸とK様邸の軒は、シンプルなもの。外観の印象にあまり影響を与えず、スッキリとしたモダンな軒です。こういったデザイン性の高い軒をつけることができるのもツクリエならではと言えます。

 

 

夜の帰宅時に必須の玄関照明

暗くなってから家に帰るときに、玄関照明は必須。スイッチの場所がわかりにくいと不便ですし、せっかくなら玄関のアクセントになるおしゃれな照明がいいですよね。ツクリエでは、スイッチをオンオフに便利な場所に設置したり、人感センサーのついた照明をお勧めしたりしています。照明はデザイン性の高いものも多いので、セレクトする楽しみもありますね。ちなみに、玄関ホールにはコンセントをつけておくと、クリスマスシーズンにはツリーを飾ることもできます。(地味なポイントですが、あとからつけておけばよかったーと思うところでもあります)

 

 

収納をしっかり考えた玄関

玄関まわりの収納こそ、家族構成やライフスタイルに合わせてしっかり考えたいもの。靴や傘などだけでなく、あとからあとからしまいたいものが出てくるのが玄関の収納です。家づくりをするときには、玄関を出入りする際に使用するアイテムの見直しをし、持ち物の量を把握したうえで玄関収納をリクエストするといいでしょう。ポイントにしたいのは、お子さまの成長と趣味。習いごとや部活などによって玄関収納のボリュームが変わってきます。アウトドアやスポーツなどが趣味の場合も荷物が多くなりがちです。ツクリエでは、ご家族の先を見越して過不足ない玄関収納をご提案しています。

 

 

 

お気に入りの玄関ドア

玄関ドアは、内と外を区切る役割のみならず、お家の印象を決めるアイテムでもあります。さまざまな素材、デザイン、機能性(断熱性や耐久性)、開き方のスタイルなど、見た目だけでなく玄関スペースや暮らしをトータルに考えて選ぶことが大切です。迷ったときにはぜひ担当者にご相談することをお勧めします。ぜひプロの目線でアドバイスしていただくといいでしょう。

 

 

とはいえ、家づくりには制限がつきもの。すべての条件を満たした玄関をつくることができればベストですが、残念ながらそうでない場合もあります。そういった場合は、じっくり優先順位を考えてみてくださいね。あとから「やっぱりこうすればよかった」と感じるリスクが回避できるでしょう。

 

家づくりは選択の連続。なんだか人生と似ていますね。初めての家づくりで総合的に考えるのは難しいことですが、ツクリエではお施主さまに寄り添い、ともにお家をつくりあげていきます。あなたの家づくりが少しでも理想に近づきますように。

 

 

 

tel.0996-41-3688
受付時間 9:00~17:00