Blogシンボルツリー

HOME > ブログ > シンボルツリー
2021-05-14

こんにちは。薩摩川内市の工務店・ツクリエです。

 

鹿児島ははやくも梅雨入りしましたね。本来なら5月は新緑の時期で、青々としたグリーンが美しい季節です。

 

家づくりのグリーンと言えば、お庭。新居のお庭には、家の魅力や外観を引き立て、家の完成記念の意味もある「シンボルツリー」がおすすめです。

 

シンボルツリーとは?

文字通り家のシンボルになる木のこと。お庭や玄関まわりに植えられることが多く、家族の絆や家を象徴したり、新しい家で家族ともに成長していくことから記念樹としての意味ももち合わせていたりします。お子さまが生まれたときや、家族にとっての節目に植えることもあります。

 

 

では、ツクリエがおすすめするシンボルツリーをご紹介しましょう!

 

(1)丈夫で育てやすい「シマトネリコ」

常緑でシンボルツリーとして人気の庭木「シマトネリコ」。ツクリエのお施主さまもお選びいただくことが多い庭木です。涼しげな樹形が美しく、地植えをするととても大きく育ちます。常緑で葉っぱの密度も高いので、目隠しの役割も果たしてくれます。大きくなりやすいので、植えつけをしたら早い時期から剪定を行うのがポイントです。

 

(2)鹿児島の気候にぴったりの「オリーブ」

オリーブは常緑の高木。温暖な気候に適しているため、鹿児島にぴったりの木と言えます。初夏に白やオフホワイトの小さくてかわいい花を咲かせ、その後、丸いグリーンの実をつけます。実は、グリーンから赤、紫、黒へと成熟。収穫してオイル漬けにするなど、加工することも可能です。お庭で採れたオリーブで料理ができるのはうれしいですよね。

(3)香りも楽しみたいなら「ユーカリ」

ユーカリは常緑高木です。最近ではお花屋さんでも人気のユーカリは、軽やかながら品のある凛とした美しさのある木です。枝葉や花、果実にも香りがあり、その香りにはリラックス効果や虫よけ効果があるとされています。夏の暑さにも強いので鹿児島の土地にも合っています。ただし、大きくなりやすいので定期的な剪定をおすすめします。

 

 

まだまだご紹介したいところですが、今回はここまで。お庭づくりも家づくりの醍醐味のひとつです。これから家を建てる方は、ぜひシンボルツリーを植えて、暮らしとともにその成長をお楽しみくださいね。

 

 

tel.0996-41-3688
受付時間 9:00~17:00